こもれびのような
陽がさす駒沢ぐらし

About
COMOREVI

駒沢大学駅の駅前に、小さくさしこむこもれびがひとつ。忙しい朝には「今日も元気にいってらっしゃい」と背中を押され、帰ってくれば「ただいま」のことばがしぜんとこぼれる━━。駒沢の玄関口ともいえる駅前を、そんな場所にしていきたい。それが「駒沢こもれびプロジェクト」のはじまりです。
むかしからこの地を見守る商店主さんたちのあたたかさを感じながら、自然、人、たてものがゆるやかにつながり、個性豊かなこもれびを育てていく。
そこから広がる駒沢の新しい姿をいっしょに見守り、「駒沢っていいところだね」を、みんなのアイディアとフットワークでふやしていきましょう。あなたの描く駒沢のこれからを、ぜひ楽しんでください。

駒沢こもれびプロジェクト
メンバー 一同

COMOREVI
MAGAZINE

AREA
INTRODUCTION

ローカル&
ルーラルなまち

心地よい生活感に、こだわりやセンスが入りまざる、
独自のカルチャーが息づく駒沢。
そんな駒沢ローカルな雰囲気をまといながら、
親しみあふれる、チャーミングなまちを
これからも創っていきます。

スローでやさしい空気感、
たおやかな居心地

いつものお散歩コース、いつもの行き帰りの道は、穏やかで落ち着いた雰囲気のロケーション。流れるのは、大きく深呼吸したくなるようなたおやかな空気感。246の喧騒から一瞬でエスケープします。

くらしを楽しむ、ふだんを楽しむ

大切にしたいのは、「ふだんのくらし」。生活者としての日常の中に、楽しさ、おもしろさ、やさしさの種があちこちにあります。自分にも、まわりの人にも思いを寄せられるのは、駒沢のゆるやかなコミュニティーのおかげ。

駒沢ローカルスタイルの発信基地

出会いのスタートは、ちょっとした偶然から。小さな困りごと、いっしょに力を合わせたいこと、だれかに伝えたいこと。そんな出会いからコミュニティーが生まれ、人が集まり、駒沢スタイルを発信していく。人と人との風通しがよいまちに。

MAIN
APPROACH

駒沢大学駅の地下から上がったその先に、アウトモールで緑化されたテラスのある心地よい施設がオープンします(2025年予定)。まちにひらいたゆとりのある建築、散歩コースにもなる通り抜けできる階段、駒沢公園につながる公園のような道を備えた環境で、駒沢のまちに、新しいシーンを生みだしていきます。

ファサードの豊かな植栽が、街並みや、集う人々を楽しく彩ります。駒沢の新しいランドマークがここに。

階段や吹抜は上下につながり、散策路のようなゆったりとしたつくり。どこにいても自然が感じられます。
深い軒をもつオープンエアのテラス。その間を心地よい風が通り抜け、木陰のような空間をつくりだします。

NEWS

2024年1月のイベントカレンダー更新しました!

INFORMATION

12月のイベントカレンダー更新しました!

INFORMATION

駒留八幡神社にて施設建設の地鎮祭を行いました。安心・安全な工事を心掛けます。

INFORMATION

駒沢こもれびプロジェクト 公式ウェブサイトオープン!

INFORMATION

駒沢こもれびプロジェクト LINE公式アカウントオープン•おともだち募集中です

INFORMATION

駒沢大学駅前のKOMAZAWAMOAIFARMがグランドフィナーレを迎えました。

INFORMATION